• ハノイスタッフ

Tet テト(旧正月)について


ベトナムで正月と言えば旧正月の事です。日本での大晦日や元旦は普段とまったく変わりません。(元旦のみ祝日ですが。。。)

今年の旧正月元日は1月25日で、正月前後約3日間は多くの企業やお店、レストランが閉まります。

ただ旧正月前は、街中では新年を迎える準備をする人で溢れかえります。

私達のショールームも旧正月に合わせ、飾り付けなどを行いました。

ベトナムではは写真を撮る事が大好きな方が多く、お客様も飾り付けの前で写真を撮り、喜んで頂いてました。

また工場内も大掃除を実施し、普段使用している工具やリフトを清掃し必要に応じて塗装などを行いました。

最後にベトナムの正月には欠かせないものを2点ご紹介します。

まず一つ目はリーシー(お年玉)です。

カラフルな赤(ラッキーカラー)を基調としたものが多く、日本のぽち袋に比べると豪華に見えます。

金額は色々ですが赤色のお札50,000VND(約250円)か、200,000VND(約1000円)が多く用いられます。

2つ目は、正月の代表的な料理のバインチュンです。

もち米でできたベトナム風のちまきみたいで四角く整形し、大きな葉っぱで包まれているのが特徴的です。

包丁で切ろうとするともち米でできてるのでうまく切れず、バインチュンを縛っている紐を用いてカットします。最初見たときはびっくりしました。

私もベトナム人の方から頂き、おいしく頂きました。


57回の閲覧

© 2019 by Hiroshima-Toyota trading.Corp.